!本サイトは性的な内容を含めるので、18歳未満の方の閲覧を禁止致します。
日本語  中文版

2018年12月1日土曜日

ジレ迷宮開発進捗-201812



今月は忙しいすぎました、特にSteamで面倒なことがあったから、解決しようのためにたくさん時間を掛かりました、一段階になったが、半月くらいの時間が無くなりました。今月の進度も影響されました。

そしてある原因で、これからもう一つのゲームを同時に開発することになります。そのゲームには普段と違うタイプのゲームで、そしてロリ系でもない、一定程度な完成度があれば公開します。

すべて順調で進めるように...。


現在の進度は:
メインシステム: 40%
キャラ: 18%
ステージ: 22%
敵: 25 %
BGM: 30%
立ち絵: 95%
CG: 30%

2018年11月1日木曜日

ジレ迷宮開発進捗-201811


先月はいろいろ雑用がありまして、毎日毎日忙しいですが、でもほぼジレ迷宮の開発に関わるものではない、でも振り返ると先月の進度はなかなか順調でした。

元の企画によれば、ゲーム全体は4つのフロアで構成したもの、謎を解けって、ボスを倒して、そして次のフロアへの階段を見つかる、そのような流れです。でも遺跡の村の要素を入れると、スケールは段々大きくなりました。マップの構成もフロアではなく、エリアになりました。現在の進度によれば、十月の時大体元の第一フロア相当のエリアを完成しました、あとは三つのフロアがありまして、道はまだ長いそう。

現在の進度は:
メインシステム: 20%
キャラ: 15%
ステージ: 15%
敵: 20 %
BGM: 30%
立ち絵: 85%
CG: 20%

2018年10月19日金曜日

「友情宣伝」友達イラストレーター全紅白子さんの初めてCG集を販売しています


いつもお世話になっていましたイラストレーターー全紅白子さんは初めて描いたCG集はFanzaで専売しています、興味がある方はここのリンクをご参考になってください:

https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_137823/?dmmref=TopRotationBanner&i3_ref=recommend&i3_ord=3



====
ところで、こちらの新作ジレレンと深紅迷宮予告登録した際は、イラストレーターの名前も全紅白子さんの名前を記載しています。
今回全紅白子さんの仕事はすべて会話モードの背景や一部のテクスチャです。
特に木と草などのテクスチャがあるから、ステージの背景も以前より綺麗と思います。





よろしくお願いいたします。

2018年9月30日日曜日

機核覚醒~ジレレンと深紅迷宮~の体験版リリースしました。


お待たせしました、新作ジレレンと深紅迷宮の体験版をリリースしました、予告のページはここに参考してください:
DLSite:
http://www.dlsite.com/maniax/announce/=/product_id/RJ235818.html

DMM:
https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_137322/


体験版は遺跡の村に入るまで、そして隠し魔法を一つ用意します。

新作について:
今回は二人と一緒にタッグでゲーム進行するもの、
システム面は以前の作品と違うので、いろいろな仕様は以前があるか、新作はまだ検討中なものがあります。

1. HPのシステムについて、今作は敵からの攻撃いくら激しいでもH攻撃を受けない限り戦闘不能になりません、そしてタッグの状態なら、一人戦闘不能になっても、マップを切り替えば復活にします。だから普段は慎重ならば大体ゲームオーバーにならないため、KAKIN屋のなんでも復活できる仕様はまだ検討中です。

そして服破るの仕様もHPシステムは違うため、以前と違います。

2. 汁のシステム、前作から導入したシステムですが、今作のリアルタイムHシーンはカメラは近距離でキャラを映るため、前作のような汁の表現は変になる、新しい表現方法はまだ研究中です。

3.今作の物理エンジンは一新なので、操作の感覚は以前と同じですが、敵の頭を乗せるなとのシステムは以前と違う、そしてある状況で敵を踏み潰れます、いろいろ面白い現象を楽しみます。

4.シナリオ会話の表現は以前より豊かになります、キャラの立ち絵は表情の変化があり、そして日常会話もあります、ジレレンのかわいいところをもっと見えます。

5.今作ならデータベース要素があります、でもデータベースの書き方はその世界の文献が、キャラの知識からのものです、その世界の絶対真実では限らない。



よろしくお願い致します。



======
追記:

最近はツイートを本格で始めます、以前はDMMのウェブゲームの事前登録用だけ、
よろしくお願い致します。

2018年9月28日金曜日

ジレ迷宮体験版の進捗報告.2


新作ジレレンと深紅迷宮の予告登録は今DLSiteとFanza (元DMM)に申請しました、
掲載は数日後と思います、モザイクの問題がないかぎり。
暫くお待ちを。

登録資料内の発売日は一年後を書くのは、大体今の進度によれば、全力で開発しても半年くらいでギリギリ完成すると思うが、多分不具合は多いです。一番安全なのは九ヶ月を必要です。でも最近はある原因で、もう一つゲームを同時に開発する状況になりましたから、両方のゲームのクオリティを維持するためにジレレンと深紅迷宮の開発はまだ一年くらいの時間を考えています。


追記:(9/29)
やはりモザイクの問題があります(囧)。
幸い3Dモデルの方が無事で、修正し必要なのはイラストだけ。
でも以前の経験と違い、今回隠蔽についてFanzaの方がDLSiteより厳しいです。

2018年9月25日火曜日

ジレ迷宮体験版の進捗報告

現在の状況ならテストプレイは一段階になり、不具合の修正と細かい調整を済むならDLSiteやDMMで予告の登録することができます。大体二三日後で体験版の登録作業を始めます。

暫くお待ちを。

2018年9月1日土曜日

近況報告ー201800901

コミケの時期はサークルとしてコミケを参加しなくでも、一般人として参加したから、忙しいでした。でも先月の進度はまあまあ予想以内ですから、九月下旬で体験版をリリースすることは大体大丈夫と思う、でももし3Dモデルはモザイクの問題があるなら、多分リリース時間を延期しなければならない、今作の修正はいままでの作品と同じ方法で通じないから…。

現状なら、体験版までの内容はすべて完成しました、でも一部のUIと操作方法はまだ調整中です、それを調整済み後はテストプレーをする、そしてデバッグ、体験版をリリースできる時間は九月下旬予定になります。興味がある方はその時にこのブログやDLSiteとDMMの予告にご注意してください。

よろしくお願い致します。

2018年8月1日水曜日

近況報告ー201800801


八月になって、もうすぐ夏コミです。こちらは参加していないですが、台湾の友達は参加する予定があるから、その時期は忙しいになりそう。前月も思ったより忙しいので、ゲームの開発の進度は順調ですが、予定通り九月で体験版をリリースすることができるがとうかまだ分かりません、頑張ります。

今回は今作のHシステムを紹介します。

今作は古代魔族の遺跡に冒険するもので、遺跡内は魔獣がいっぱいいます。魔獣は固定な遺伝子がない、他の種を通じないと繁殖できない生物。或いは他の種の遺伝子と同化して妊娠させる、或いは洗脳が。そしてこの深紅の迷宮の魔獣はもっと特別なものは、ロボットにも同化できる、だからリム博士はこちらで研究しています。

今作はいくらダメージを受けるとゲームオーバーにならない、体内で魔獣の汚染をためるだけ、汚染値は一定比率以上なら敵からH攻撃を仕掛けられます。捕まえるなら、汚染値はすべて侵食値に転換する、侵食値は100%になるならキャラは戦闘不能になります。


今作のリアルHシーンはすべてカメラワークがありまして、アニメのようなHシーンになります。以前より激しいの演出になります。(でもまだまだ試し中)



今作は自力で脱出できるが、でも以前より難しいので、キャラを切り替え敵を攻撃することは一番効率で救出する方法です。


いろいろ試したいものがあるが、でもお願い、審査の時は無事に通過して… リアルタイム3Dだからモザイクの修正も面倒です。

2018年7月10日火曜日

六欲姫ユーカのSteamバージョンが本日発売しました


本日で六欲姫ユーカのSteamバージョンを発売しました、リンクはこちらです:
https://store.steampowered.com/app/878150/Core_Awaken_The_Yuka/


元のバージョンと違いところ:
一般向けのバージョンだから、大体R18に関するものを削除しました。
リアルタイムHと敗北CG、そしてフイン記録はない、
服が破る要素はすべてパンツが残しただけ、

一部のバランスを調整、一部敵アビリティはR18要素と関わる、そして損害についてのシステムは元々Hしないと発生しない、でもそれに関するシステムも多い、損害システムを外すなら無理ですから、損害を発生するアビリティを追加して。敵のアビリティはいろいろ調整しました。

そして一部のキャラ(特にウォシス)の性能を調整しました。

R18パッチはまだリリースの予定がない、もしこれからSteamが成人向けの内容も販売できるなら、R18パッチはDLCとして販売する予定です。

詳しくはこちらに参考させってください:
https://celusisstudio.blogspot.com/

2018年7月1日日曜日

近況報告ー201800701

七月になりました、前月の進度は予想通り進んでいて、やっとロゴやタイトル画面を完成しました。ゲームタイトルは正式にジレレンと深紅迷宮を決めました。現状ならば、九月で体験版をリリースすることができます。

そして先月は前作六欲姫ユーカのSteamバージョンを完成しました。現在は販売登録手続きを進行中です。一般向けのバージョンだから大体残したエロに関わる要素は服破れるだけ、H要素に関するシステムほ調整しました。できる限り元の要素を全部保留しましたから、もし興味がある方なら、特に元のバージョンを実況プレイをしたくでもR18要素があるからできません方なら、ご参考にしてください。

そして新作のシステムについて、大体当時機工姫ルースと同じ探索系なアクションゲームです。今回はタッグシステムを導入して、ジレレンと小雪精は一緒にダンジョンを探索します。ジレレンは魔法使いキャラで、小雪精は戦士キャラです。そして今回はエロトラップがあって、もしトラップに捕まえるなら、自力で脱出は難しいので、仲間を呼び出しで救出するのは一番効率高いもの、ひとりになるの時お気を付けって。大体その方向で開発しています。

新作のタイトル画面:

2018年6月5日火曜日

マウマウ探検隊 Ver1.3 のアップデートをリリースしました

Ver1.2 -> Ver1.3
内容追加:
1. 魔法レベルの表示追加。
2. 魔法威力は魔法を発動したアクセサリーの強化値によって増幅になります。


不具合修正:
1. セーブデータの指定先を指定したの場合の不具合修正。
2. 魔法レベルのレベルアップに関する不具合修正。

=================
追加の説明:

ラスボスの敗北イベントは、ラスボスを撃破しましたなら、修練の塔と無限夢魔迷宮でラスボスにあったら、敗北なら同じ発生します。

2018年6月1日金曜日

近況報告ー201800601


前月はマウマウ探検隊を発売しました、思ったよりいい結果あ出って、安心してジレレンを主人公としての新作を開発しています。

新作なら、以前の機核覚醒シリーズよりシナリオと設定の説明を重視します。以前はキャラ表情の差分がないですが、今回はあります。


そして今作の敗北は単なる敗北CGだけではなく、敗北イベントもあります、そしてCGの差分もあります。でも多分アクションのテンポを影響しかねないから、既読敗北イベントをスキップできるオプションがあります。

今作の時点は前作本編の一年後、後日談の同じタイミングのストーリーです。ジレレンはウェリィのラボで恋陽の森にある深紅迷宮の情報を聞くと、その迷宮に封印されし古代魔獣の力を手入れるために、深紅迷宮に行きました。魔獣はなにものすら知らないジレレンは魔獣に捕まえる前にその場で魔獣を研究しているリム博士を助けられました。リム博士はジレレンと小雪精一緒に迷宮探索するならは面白いと思うので、ジレレンがリム博士一行に同行することを許可します。


現在の進度なら、順調なら九月で体験版をリリースできます、順調ならば。ご期待してください。

2018年5月11日金曜日

マウマウ探検隊は本日で発売します!(新しいバージョンはVer1.02)


マウマウ探検隊は本日で発売します、今回はDLSiteの専売りを試した、
販売のページはこちらです:

http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ220470.html


今作はいろいろ試したいことを試しました、円周率さんの提携は一つ、専売りはその一つ、そしてRPGを挑戦して、DLSiteで純愛向けのものを売る、放置系のゲーム性などなど。放置系のゲームを挑戦したいで、いつも使用したエンジンはメモリーの管理が弱いなどの問題があるから、ゲームエンジンも一から新しいものを開発しました。まぁ... 良い経験でした。だけど挑戦したものが多かったから、売り上げはどんな程度にいけるの自信がないです。

今回は一番の感想は、DirectXは便利ですね。今回はパソコンの資源は最低限を使うから、DirectXを使わないで、色んな機能がない… 透明度もない。

これからのやりたいことは、うまくできるがとうかが分からないですが、マウマウ探検隊とこれから作るゲームと連動したい、マウマウは他のゲームの資源を探索できるで、そのゲームはマウマウを放置して金などのものを稼ぎます。でももしマウマウのゲームで他のゲームの資源を稼ぐことはバランス崩壊程度のやすいなら、その連動を開発することをやめます。

マウマウもよろしくお願い致します。

===============================
追記:
-> Ver1.02 不具合修正
自由探索の戦闘計算公式は不具合があって、
その不具合を修正しました。
ついでに自由探索の履歴ログも少し変更、
ボス戦のログはボスへのダメージも記録します。


-> Ver1.01 誤字の修正....
スキルの説明文を校正することを忘れました、ごめんなさい...
そして指摘の方を感謝致します。

===============================
今回のメインイラストレーター-円周率さんから発売のお祝いイラスト一枚を頂きました

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=68721348


================
イラストレーター-全紅白子さんから発売のお祝いイラスト一枚を頂きました。 

https://www.facebook.com/aokihoshi/


================
イタストレーター-KAREYAからの発売祝いイラスト一枚を頂きました。

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=68716996


2018年5月8日火曜日

マウマウ探検隊製品版は審査中です


お待たせしました、遂にマウマウ探検隊は発売の手続きを進んでいます。
順調ならば、今週の金曜日(5/11)に発売予定です。
詳しくの日時は審査終了以後で知りますから、暫くお待ちを。
できれは0時で販売して欲しいです。

ゴールデンウィークのこの間で円周率さんはこのゲームのロゴを設計して更新しました、もっとよりかわいいで探検の感じがあります。


マウマウ探検隊の体験版はこちらでダウンロードができます。
http://www.dlsite.com/maniax/announce/=/product_id/RJ220470.html

2018年5月1日火曜日

近況報告ー201800501


五月になりました、先月は多分この数年間で一番忙しいの一ヶ月です。でもこの一ヶ月内で次回作の基本エンジンはほぼ完成で、いろいろ部分は多分以前よりもっと進化するを見えます。多分。

そしてマウマウ探検隊について、元々発売日は四月下旬に予定がありましたが、実はゲーム本体は既に完成したで、そしてバランスの調整は済みましたが、でもゴールデンウイークのことはすっかり忘れたから、最後のテキストを校正したいだけと、作業は多分ゴールデンウイークの後で完成すると思います。発売日はちょっと延期で、しばらくお待ちを。

2018年3月31日土曜日

近況報告ー201800331



昨年と同じ、4/1用のネタが用意していないから、先に31日に近況報告をします。

今月はマウマウを放置してテストしながら、新しい3Dモデルを製作しています。
今回はKareyaの指導を得た、Kareyaの絵柄と似ているモデルを作りました。
以前よりかわいいとエロいモデルと思います。

現在まだ3Dエフェクト技術が足りないから、もっと2Dイラストみたいな表現が欲しいです、まだ精進したいものが多いです。

このモデルを作ると、ちょっとリアルタイムHシーンを作って欲しいです。これからの開発は楽しいになりそう。

2018年3月2日金曜日

マウマウ探検隊の体験版をリリースしました


最近作った放置系RPGマウマウ探検隊の体験版をリリースしました、実は元々昨日で登録して多分来週で予告を公開すると思うが、そんなに早いのはビックリしました。

予告ページはここです:
http://www.dlsite.com/maniax/announce/=/product_id/RJ220470.html


このゲームについて、
いつもマウマウを呼び出して一発セックスできるゲームを目指して作ったゲームです。ゲームウィンドルは最小化できで、マウマウとセックスしたいならいつでも呼び戻して、直接にエッチできるゲームです。
マウマウが探索から帰る時、発見した装備やアビリティを処分する手数がない、そして探索途中で呼び戻してでもなにもデメリットがない。操作も簡単です。

そしてマウマウの成長を感じられるから、RPG戦闘パートがあり、勝てない敵があるなら、以前のダンジョンを周回したり、マウマウを自動探索するでも強化して勝てます。

大体こんなゲームです。ご参考してください。



今回はKAREYAから紹介したイラストレーター円周率さん
https://www.pixiv.net/member_illust.php?id=1984062
と初めて提携するゲームです。実はこのゲームは円周率さんと提携したいから小さいのゲームから試すと思うで開発したゲームです。提携してゲームを開発するの感じがいいですから、次回作(ジレレンを主人公としてのゲーム)も円周率さんを参加させたいです。

2018年3月1日木曜日

近況報告ー20180301


この二月はいろいろ事情があって、特に台湾は旧暦の新年があるから、
ゲーム開発の進度は思ったより遅れました。

この数日間ならリラックス用の新作「マウマウ探検隊」の体験版をリリースする予定ですが、
でも元々仕様的にはリラックス用のミニゲームですが、
ついに少し規模があるゲームになりました。
元々単純な放置系ゲームですが、単なる放置系なゲームで面白ゲームになる自信がないから、RPGパートに追加して、開発時間も元より多いになりました。

体験版は既に完成しましたが、現在はテスト中で、しばらくお待ちを。
(放置系のゲームだから、テストは放置してテストする時間を必要から)

2018年2月6日火曜日

六欲姫ユーカ新しいバージョン(Ver2.00)を更新しました。


お待たせしました、六欲姫Ver2.0のアップデートをリリースしました。
今回は全ボス会話イベントを中心に更新しました。

Ver1.55->2.00
- 内容追加:
1. 全ボス会話
  ボス戦の時、ルース以外のキャラが専用会話を追加しました。ルース対全キャラの会話は後日談がありまして、今回は追加しません。(特にルース参入時点で本編の一年後から、会話はほぼ成立できません)

そして全ボス会話の内容は一部人物関係のネタがありまして、ここて簡単に説明します。
ジレレンとルルムのような名前中はひとつ重複の発音があるキャラは北からのキャラです。
ジレレンは元々ノルル村の村長家の隣の店で展示していたスマホで、毎日毎日ルルムと村長を見ていたです。
(事件後、ジレレンの世界征服本部は村長家の地下があります)

恋陽の森は一部は遊園地ですか、一部は一般人が入れない禁区です。禁区内はいろいろ珍しい植物と動物があって、国の生物科学者は大体そこの常連です。小雪精の主人であるリム博士もそこの知名人物。だから実は元々こもりは小雪精を知っています。
(実はこの関係は新作を企画する時発見しました… だから次回作はこもりはNPCにとして出番します)

2. 異変マップ
元々もう一つの難易度を追加する予定ですが、でももう一つ難易度を追加しても特に面白いことがないから、その予定は異変マップに変更しました。

異変マップは難易度ADVANCE以上とメインミッションの六大ボスのステージをクリアしたと、異変マップを選択できます。異変マップなら、敵のレベル固定で、道中の民兵は後日談で出現する軍用の雑兵になります(盾タイプはそのまま)、そして全部のボスは一つ行動パターンを追加します、大体元使えないチップの特殊攻撃です。そしてクリアするとボスから新しい武器部品をドロップします。それなら、全ボス会話の要素と一緒に楽しめると思います。

3. ギャラリーモードでキャラの服装と敵の透明度を切り替え
要望からの機能です、F1なら服装、F2なら敵の透明度を調整できます。
全部の敵は対応できませんが、出来る限り対応します。

- 仕様調整:
1. 足の損害影響度を軽減
要望からです。そんなに遅いならいろいろ不便ですから。

- 不具合修正:
1. 一定条件下、ワープポイントは動作しない不具合
  実は発生タイミングは1フレームだけ...

2. 誤字修正。

3. 細かい不具合修正。


これからは新作を開発するから、多分新しい内容を追加しませんが、不具合の修正も受付ます。
新作もよろしくお願い致します。

2018年2月1日木曜日

近況報告ー201802


新しいの一年が一ヶ月を過ごしました、時間の流れは早いですね...

この時期はみんな忙しいだから、最後のアップデートは完成したですが、翻訳と校正は前日で完成した、早速テキストをゲームに入れるが、多分この数日内で更新します。
(同人ならこれからは台湾のコミケみたいな同人即売会FFがあって、企業なら先週で台北は台北ゲームショウがあって、そしてこれからは旧暦の新年があるから、みんな忙しいそう...)


今回のアップデートは:
- 異変マップ:元々のもう一つの難易度のものからの要素、詳しくはアップデートの時を説明します。

- 全ボスの会話:ボスキャラ対ボスキャラの専用会話。でもルース対他のキャラの会話は後日談があるから、ルース対他のボスの会話はそのまま。

- この間の要望:複雑ではない要望なら追加しました。

2018年1月1日月曜日

明けましておめでとうございます



明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願い致します。

六欲姫ユーカの発売はもう半年で、最後のアップデートの開発はもそろそろ完成しました、あとは翻訳と校正だけです。もうすぐ新作の開発は始まります。

新作はいろいろ基本エンジン的にの部分を改善する予定です。六欲姫は大体機工姫のエンジンを使い続けるから、開発後期の時はいろいろ不便のことがありました。エンジンの更新を含めって、新作の開発は一年半を必要と思います。

新作について、企画は大体完成しました。機工姫のような探索系2D横スクロールACTです。今作の舞台は恋陽の森の禁区です、ロボットは人間の子と宿り出来るの技術を開発ために、リム博士の一行は禁区に古代魔獣を研究します。プレイアブルキャラはジレレンと小雪精ふたり、動物因子と融合する研究のため、いろいろ動物形態があります。そしてすべて動物形態に対してHイベントがある予定です。ご期待してください。

みんなさんに今年もよろしくお願い致します。