!本サイトは性的な内容を含めるので、18歳未満の方の閲覧を禁止致します。
日本語  中文版

2018年9月1日土曜日

近況報告ー201800901

コミケの時期はサークルとしてコミケを参加しなくでも、一般人として参加したから、忙しいでした。でも先月の進度はまあまあ予想以内ですから、九月下旬で体験版をリリースすることは大体大丈夫と思う、でももし3Dモデルはモザイクの問題があるなら、多分リリース時間を延期しなければならない、今作の修正はいままでの作品と同じ方法で通じないから…。

現状なら、体験版までの内容はすべて完成しました、でも一部のUIと操作方法はまだ調整中です、それを調整済み後はテストプレーをする、そしてデバッグ、体験版をリリースできる時間は九月下旬予定になります。興味がある方はその時にこのブログやDLSiteとDMMの予告にご注意してください。

よろしくお願い致します。

2018年8月1日水曜日

近況報告ー201800801


八月になって、もうすぐ夏コミです。こちらは参加していないですが、台湾の友達は参加する予定があるから、その時期は忙しいになりそう。前月も思ったより忙しいので、ゲームの開発の進度は順調ですが、予定通り九月で体験版をリリースすることができるがとうかまだ分かりません、頑張ります。

今回は今作のHシステムを紹介します。

今作は古代魔族の遺跡に冒険するもので、遺跡内は魔獣がいっぱいいます。魔獣は固定な遺伝子がない、他の種を通じないと繁殖できない生物。或いは他の種の遺伝子と同化して妊娠させる、或いは洗脳が。そしてこの深紅の迷宮の魔獣はもっと特別なものは、ロボットにも同化できる、だからリム博士はこちらで研究しています。

今作はいくらダメージを受けるとゲームオーバーにならない、体内で魔獣の汚染をためるだけ、汚染値は一定比率以上なら敵からH攻撃を仕掛けられます。捕まえるなら、汚染値はすべて侵食値に転換する、侵食値は100%になるならキャラは戦闘不能になります。


今作のリアルHシーンはすべてカメラワークがありまして、アニメのようなHシーンになります。以前より激しいの演出になります。(でもまだまだ試し中)



今作は自力で脱出できるが、でも以前より難しいので、キャラを切り替え敵を攻撃することは一番効率で救出する方法です。


いろいろ試したいものがあるが、でもお願い、審査の時は無事に通過して… リアルタイム3Dだからモザイクの修正も面倒です。

2018年7月27日金曜日

六欲姫ユーカ新しいバージョン(Ver2.10)を更新しました。

今回の更新は大体Steamバージョンを製作する時発見した不具合や調整したいものを調整するもの。

Ver2.00->2.10
- 仕様調整:
1. ウォシスの強化
元の仕様なら、槍の先端以外の部分は元攻撃力の半分になりましたが、調整したと先端以外の部分の攻撃力は元攻撃力に参照して、先端の攻撃は1.2倍になりました。

そして一部の特殊攻撃は強化した。

2. 敵アビリティの調整
元々攻撃耐性がある敵は多いですから、敵のアビリティを調整しました。


- 不具合修正:
1. メモリの問題を修正

2. 細かい不具合修正。

2018年7月10日火曜日

六欲姫ユーカのSteamバージョンが本日発売しました


本日で六欲姫ユーカのSteamバージョンを発売しました、リンクはこちらです:
https://store.steampowered.com/app/878150/Core_Awaken_The_Yuka/


元のバージョンと違いところ:
一般向けのバージョンだから、大体R18に関するものを削除しました。
リアルタイムHと敗北CG、そしてフイン記録はない、
服が破る要素はすべてパンツが残しただけ、

一部のバランスを調整、一部敵アビリティはR18要素と関わる、そして損害についてのシステムは元々Hしないと発生しない、でもそれに関するシステムも多い、損害システムを外すなら無理ですから、損害を発生するアビリティを追加して。敵のアビリティはいろいろ調整しました。

そして一部のキャラ(特にウォシス)の性能を調整しました。

R18パッチはまだリリースの予定がない、もしこれからSteamが成人向けの内容も販売できるなら、R18パッチはDLCとして販売する予定です。


今回の調整したバージョンも数日後でDLSiteとDMMで更新します。
事情があるから現在がやりたくない。

2018年7月1日日曜日

近況報告ー201800701

七月になりました、前月の進度は予想通り進んでいて、やっとロゴやタイトル画面を完成しました。ゲームタイトルは正式にジレレンと深紅迷宮を決めました。現状ならば、九月で体験版をリリースすることができます。

そして先月は前作六欲姫ユーカのSteamバージョンを完成しました。現在は販売登録手続きを進行中です。一般向けのバージョンだから大体残したエロに関わる要素は服破れるだけ、H要素に関するシステムほ調整しました。できる限り元の要素を全部保留しましたから、もし興味がある方なら、特に元のバージョンを実況プレイをしたくでもR18要素があるからできません方なら、ご参考にしてください。

そして新作のシステムについて、大体当時機工姫ルースと同じ探索系なアクションゲームです。今回はタッグシステムを導入して、ジレレンと小雪精は一緒にダンジョンを探索します。ジレレンは魔法使いキャラで、小雪精は戦士キャラです。そして今回はエロトラップがあって、もしトラップに捕まえるなら、自力で脱出は難しいので、仲間を呼び出しで救出するのは一番効率高いもの、ひとりになるの時お気を付けって。大体その方向で開発しています。

新作のタイトル画面:

2018年6月5日火曜日

マウマウ探検隊 Ver1.3 のアップデートをリリースしました

Ver1.2 -> Ver1.3
内容追加:
1. 魔法レベルの表示追加。
2. 魔法威力は魔法を発動したアクセサリーの強化値によって増幅になります。


不具合修正:
1. セーブデータの指定先を指定したの場合の不具合修正。
2. 魔法レベルのレベルアップに関する不具合修正。

=================
追加の説明:

ラスボスの敗北イベントは、ラスボスを撃破しましたなら、修練の塔と無限夢魔迷宮でラスボスにあったら、敗北なら同じ発生します。

2018年6月1日金曜日

近況報告ー201800601


前月はマウマウ探検隊を発売しました、思ったよりいい結果あ出って、安心してジレレンを主人公としての新作を開発しています。

新作なら、以前の機核覚醒シリーズよりシナリオと設定の説明を重視します。以前はキャラ表情の差分がないですが、今回はあります。


そして今作の敗北は単なる敗北CGだけではなく、敗北イベントもあります、そしてCGの差分もあります。でも多分アクションのテンポを影響しかねないから、既読敗北イベントをスキップできるオプションがあります。

今作の時点は前作本編の一年後、後日談の同じタイミングのストーリーです。ジレレンはウェリィのラボで恋陽の森にある深紅迷宮の情報を聞くと、その迷宮に封印されし古代魔獣の力を手入れるために、深紅迷宮に行きました。魔獣はなにものすら知らないジレレンは魔獣に捕まえる前にその場で魔獣を研究しているリム博士を助けられました。リム博士はジレレンと小雪精一緒に迷宮探索するならは面白いと思うので、ジレレンがリム博士一行に同行することを許可します。


現在の進度なら、順調なら九月で体験版をリリースできます、順調ならば。ご期待してください。